基金について

助成実績

お問い合わせ

TOP

助成申請

寄付について

「アート・エイド・神戸」の7年

 2002年1月17日をもってアート・エイド・神戸は7年間の活動を終えた。

最後の事業は松方ホールにおける「竹下恵子・忘れられない1・17 詩と音楽の夕べ」で全国から公募した震災を読み込んだ詩103点から選ばれた最優秀賞に対して伊勢田史郎委員長からアート・エイド・神戸賞が贈られた。

(崩壊の現場から)

 震災直後の1995年2月18日、高速道路も、ビルも、港湾も、住居も崩壊し、焼き尽くされ、一人一人の生活も壊滅状態のなかで、私たちは文化の復興を目指して、この運動を始めた。

 ネーミングについては神戸の文化は自分たちの手で守るという決意と、芸術家自身も神戸の復興のために力を結集するという願いをこめた。

 委員長に当時、神戸芸術文化会議の議長であった詩人の伊勢田史郎、副委員長に画家の中西勝、神戸商船大学教授で音楽評論の井上和雄、委員に美術評論の伊藤誠、作曲家の中西覚、そして私が事務局長、(公)亀井純子文化基金の監事の梅田奈加子が会計監事として就任した。

 基本的に活動は芸術文化活動支援が中心であったので最終的な財政の状況だけ報告すると、7年間に寄せられたご寄付と事業収入の合計は約8千万円、残高338千円、芸術文化活動支援に直接使われたものが44百万円となった。

 アート・エイド・神戸終了後、基金残高はアートサポートセンター神戸に寄付された。

 振り返って、今更ながら活動の多彩さ、規模の大きさに驚く。

しかし、アート・エイド・神戸の活動の本質は芸術活動の後方支援であり、この数字の裏付けとなる活動はすべて個々の芸術家あるいは集団の実践です。私たちは時には発議し、時には助言し、助成することによって、方向性を示したり、繋げたり、後押ししたりしてきただけなのだ。後方支援部隊が華々しくマスコミに取り上げられることには批判もあったが、その広報によって活動助成の資金を得ることが可能になったという側面があった。

 活動の多彩さは構成委員がそれぞれの分野で専門家であり、かつ幅広い視野と十分な人脈をもっておられたことと、アート・エイド・神戸を媒介として分野を超えた連携・クロスオーバーが生まれたことが大きい。

(立ちあがって、繋がって)

主な事業を列挙します。

芸術家緊急支援 壁画キャンペ-ン 震災詩集の刊行(第3集まで) 詩画集の刊行 各種芸術活動によるチャリティー公演の実施 仮設住民の美術展・音楽会への招待 震災から生まれた芸術の発信(釧路・東京・福岡・奈良・県内・海外) 芸術文化活動への支援・助成 「芸術文化による市民力養成連続講座」などワークショップの開催 「震災から生まれた芸術~クロスオーバーする魂」など各種シンポジウムの開催などです。

(播かれた種)

神戸は、瀬戸内海の穏やかな海と六甲山系の美しい稜線に囲まれ、四季折々の豊かな表情と温暖な気候に恵まれた、文化性豊かな町でした。しかし、港を中心として海外の先端的な文化を受け入れて創造的な意欲に溢れた街も、港の衰退とともに保守的な体質を強め、刺激しあうというよりも内向きの蛸壺状態が続いてきたように思います。

 震災を契機として芸術に携わるもの全てが、人間として、さらには表現者としての原点に立ちどまり、自分の存在理由を問い直さざるをえませんでした。

そして芸術ジャンルを超えたクロスオーバー(交流)が生まれました。アート・エイド・神戸はこれらの触媒の役を果たしました。

詩と音楽、詩と美術と演劇、詩と美術など芸術ジャンルの交流だけに止まらず、芸術と市民活動、企業と芸術支援などかってない規模で連携しました。仮設住宅支援のボランティアとの連携、高齢者支援、多文化共生、環境団体などの企画に文化は欠かせない重要な要素となり、震災後神戸に本社を移した(株)フェリシモは通信販売のノーハウを生かした「神戸カタログ」の売り上げの1%をアート・エイド・神戸を通じて文化復興に積極的に関わって新しい社会貢献のスタイルを打ち出しました。

(一粒の麦死なずば)

こうした活動の中から「兵庫現代詩人協会」が生まれ、震災詩集から生まれた歌曲集が出版され、CDとして刊行された。

「千人のチェロコンサート」の松本巧、「六甲アイランド野外現代美術展」の宮崎みよし、ブラジル移民センターを芸術拠点に活用する「C・A・P」の杉山知子、「神戸100年映画祭実行委員会」などがNPO(非営利市民活動法人)の資格を取得して確実に地歩を固めているほか、「元町ミュージックウィーク」の三木久雄など、支援した様々な芸術イベントが立派に育ち、そこから育ったプロデューサーが優れた仕事を展開しつつあります。

(アート・エイド・神戸からアートサポートセンター神戸へ)

アート・エイド・神戸は震災を契機に生まれただけに震災との関係において語られ、活動が制約されることが多い。しかし7年を経て、震災を経験することによって学んだことを基盤にして、より創造的な課題へと重点を移したいとの思いが実行委員会で議論され、事務局長の島田誠が北野にギャラリー島田として活動の拠点を移したのを機会に、新しいアートサポートセンター神戸へ移行することとなりました。

ここではすでに40回に及ぶサロン活動が活発に展開され、「ギリシャ人からのメッセージ(5回)」「アジア音楽面白講座(5回)」「日本歌曲の歌い方(3回)」のシリーズをはじめ、詩人によるパフォーマンス、講演、サロンコンサート、映画「縄文」の上映などが行われています。

今回、舞台芸術を支援するMSI(Mutual Supporting Institution)事業をスタートさせその最初の事業として取り組んだ新しい県立美術館のオープン記念コンサートでは満席となり約30万円が協力した文化団体に還元される予定です。

 まだまだ本来の芸術文化交流拠点としての組織や財政規模、コミュニティービジネスへの取り組みなど課題がたくさんありますが、文化の創造にともに関わる喜びを分かち合える組織として発展させていきたいと願っています。

Copyright 2017 KOBE BUNKA SHIENKIKIN. All Rights Reserved.