助成事業の一つ『西宮船坂ビエンナーレ』が始まりました。

http://funasaka-art.com/

里山とアートのコラボレーション。地域住民のみなさんとアーティストが一体となって町中をアートで飾ります。
秋の素敵な景観をぜひご覧ください。
11月20日まで。時間やお休みなどはHPでご確認下さい。

当財団が助成している「下町アセンブリー」が開催されます。

新長田の駒ヶ林エリアに点在する空き家、空き地を活用した若手アーティストによる現代アートの作品展を開催いたします。古い民家などの建築、路地などの場の歴史、またその周辺に住む人たちとのつながりを大事しながら、作品制作および展覧会をおこないます。
2016年10月29日(土)〜2015年11月6日(日)

詳しくは
http://www.shinnagata-artcommons.com/about-cnie
こちらをご覧ください。

もうすぐ来年度の助成事業の募集が始まります。
来年こそなにか新しい表現を始めよう!と考えている方、ぜひ一度HPをご覧ください。
まずは神戸文化支援基金のことを知っていただき、条件が合う!と思われた方は事業を練り始めて下さい。

アートを表現されるみなさんのご活躍を応援しています。

みなさんこんにちは。

虫の声が聞こえ始め、少し過ごしやすくなってきましたね。

先日行われたKOBE ART AWARD2016授賞式の様子をお知らせします。

DSC_8903

中左が大賞を受賞された智内威雄さん。そしてお隣の赤いお洋服の方が優秀賞のC.A.P.芸術と計画会議代表の下田展久さん。

左の白いジャケットが地域貢献賞、俳優の谷省吾さん。そして右端が演出家の岸本敏朗さんです。

DSC_8916

大賞の智内威雄さんの演奏、とっても素敵でした。左手のピアニストですので片手で演奏されるのですが、すごい迫力!

当日になって理事長より「シャコンヌ弾いて!」とリクエストがあり、他の曲をご用意頂いていたのですが急きょバッハのシャコンヌを弾いていただきました。

魅了されるってこういうことなんだなぁ・・・と、うっとり。

続いて交流会。

受賞者の方々をはじめ、評議員、理事、関係者のみなさまと楽しい時間はあっという間にすぎるのでした。

 

KOBE ART AWARD2016の詳しい情報はこちらでご覧ください。

http://kobushi-kikin.com/kaa.html#kaa5

夏到来!

こぶし基金にも熱い季節の到来です!!

 

第5回KOBE ART AWARDが決定しました。

大賞 智内威雄さん(ピアニスト)http://tchinai.com/

優秀賞  C.A.P. 芸術と計画会議 http://www.cap-kobe.com/

地域貢献賞 岸本敏朗さん(演出家)

谷省吾さん(演出家・俳優・指導者)http://blog.livedoor.jp/irukahotel/

のみなさんです。

8月7日(日)、ギャラリー島田にて授賞式を行います。(関係者のみになります)

私は面識がなかった方もいらっしゃるので授賞式はとても楽しみです。

智内さんのピアノも楽しみ♪

 

 

 

 

当財団の助成事業である

展覧会&ミニライブ「壁がなければ」~ときには妨げがないように、ときには盾があるように~

がアートスペースかおる(神戸市中央区)でまもなく開催されます。

詳しくは↓をご覧ください。

http://www.kcc.zaq.ne.jp/dffts904/june1916.html

 

当財団の助成事業である

TIME DIFEERENCE(時差)展VOL.2

SEATTLE-NEW YORK-TOKYO-KOBE

が兵庫県立美術館ではじまりました。

http://www.hikino-maho.com/

ぜひお運びください!

 

 

当財団は、若い芸術家たちが、芸術のユートピアを目指し、翼を未来へと拡げるような活動の成果を発表するための資金の一部を支援しています。

このブログでは助成事業をご紹介していきたいと思います。

合わせて、募集要項や申請の仕方もご案内しますので、興味がある方はぜひご覧ください!!

PageLines-02.jpg

財団の(ニックネーム)を「こぶし(辛 夷)基金」といたします。

Kobe Bunka Sien 基金。Kobushi基金=こぶし=辛夷  というわけです。

財団の小冊子「純な志をつないで」のなかに、「辛夷の 別れ」(P6)という文があります。公益信託「亀井純子基金」の理事長だった亀井健さんが2007年3月15日に亡くなられ、そのお別れの日の帰り道で見た、春の訪れを告げる清楚な辛夷の花と、亀井健さんの姿を重ねて書いたものです。「こぶし(辛夷)基金」を よろしくお願いいたします。