当財団の助成事業である

展覧会&ミニライブ「壁がなければ」~ときには妨げがないように、ときには盾があるように~

がアートスペースかおる(神戸市中央区)でまもなく開催されます。

詳しくは↓をご覧ください。

http://www.kcc.zaq.ne.jp/dffts904/june1916.html

 

当財団の助成事業である

TIME DIFEERENCE(時差)展VOL.2

SEATTLE-NEW YORK-TOKYO-KOBE

が兵庫県立美術館ではじまりました。

http://www.hikino-maho.com/

ぜひお運びください!

 

 

当財団は、若い芸術家たちが、芸術のユートピアを目指し、翼を未来へと拡げるような活動の成果を発表するための資金の一部を支援しています。

このブログでは助成事業をご紹介していきたいと思います。

合わせて、募集要項や申請の仕方もご案内しますので、興味がある方はぜひご覧ください!!

PageLines-02.jpg

財団の(ニックネーム)を「こぶし(辛 夷)基金」といたします。

Kobe Bunka Sien 基金。Kobushi基金=こぶし=辛夷  というわけです。

財団の小冊子「純な志をつないで」のなかに、「辛夷の 別れ」(P6)という文があります。公益信託「亀井純子基金」の理事長だった亀井健さんが2007年3月15日に亡くなられ、そのお別れの日の帰り道で見た、春の訪れを告げる清楚な辛夷の花と、亀井健さんの姿を重ねて書いたものです。「こぶし(辛夷)基金」を よろしくお願いいたします。